EdTech導入補助金2021

EdTech導入補助金活用で「プログラミング先生」を無償でご利用いただけます。

昨年のGIGAスクール構想による環境整備でハードウェアの普及は進みましたが、ソフトウェアの充実は本年の課題となっています。経産省のEdTech導入補助金2021を活用することにより、「プログラミング先生」を2022年3月末まで無償でご利用いただけます。

「まなびポケット」「Google for Education」導入校は既存アカウントですぐ利用可能

今すぐ「お試し版」で体験!

 

「プログラミング先生」は、プログラミング言語ではなく思考を養成する教材です。料理や掃除などの身近な題材をどうやって効率良く進めるか考えるうちに、「問題を分析して解決する力」がパズル感覚で身につきます。子どもたちは自ら学べるオール演習形式で出題される問題を解きながら学んでいくため、先生が準備や解説に手間をとられません。
タイピング不要・低学年から使えるのも大きな特長です。

現在、東京都小金井市の全小中学校、荒川区の一部の小学校で導入中です。

 

<概要>

オンライン教材「プログラミング先生」の無償利用

・無償提供期間:交付決定(8月下旬)後〜2022年3月31日<基本的には私たちで環境を準備しますが、ICT担当者様側でご用意いただくこと>
(事前準備)

<基本的には私たちで環境を準備しますが、ICT担当者様側でご用意いただくこと>

(事前準備)

・学校等設置者または学校等教育機関の長(学校であれば学校長)の承認(申請段階では署名不要でお名前のみ必要)

(実施段階)

交付認可後、利用の周知(先生、児童生徒・保護者)

(実施後)

納品書への署名(書類をお送りします)

経産省アンケート等への協力

<本件に対するお問い合わせ・申込方法>
株式会社コードクオリティ

info@programming-sensei.jp または03-3513-6832(代表)に「EdTech補助金希望」とお伝えの上、教育委員会または学校名をお知らせください。折り返しご連絡いたします。

※エクセルファイルのやりとりが禁止されている自治体・学校の方はFAXにてご確認いただけます。

「プログラミング先生」を体験したい
「お試し版」近日公開
「プログラミング先生」をもっと知りたい